京都伝統文化の森協議会のクラウドファンディングへのご支援をお願いいたします

鎌田東二 オフィシャルサイト

KAMATA Toji Official Site

シンとトニーのムーンサルトレター第228信(Shin)

鎌田東二ことTonyさんへ   Tonyさん、こんばんは。前回はTonyさんの返信が10日も遅れたので、いろいろ心配いたしましたが、お元気そうで何よりです。1月2日に開始したという京都面白大学には驚きました。動画の配信数にはもっと驚きました。本当に、Tonyさんのバイタリティには心から敬意を表します。 さて、アメリカの先住民は満月にさまざまなネーミングを付けていますが、2月は「スノームーン」と呼ばれています。 大雪が降ることが多い月なのでこう呼ばれるようです。 穀物が取れにくく生活が厳 […]

シンとトニーのムーンサルトレター第227信(Shin&Tony)

鎌田東二ことTonyさんへ   今年、最初の満月が上りました。Tonyさん、今年も、どうぞ、よろしくお願いいたします。アメリカの先住民は満月にさまざまなネーミングを付けていますが、1月は「ウルフムーン」と呼ばれます。これは、真冬の食糧不足を嘆く、飢えた狼の遠吠えにちなんで名付けられたものだそうです。冬に響き渡る、狼の悲壮な鳴き声を想像すると、1月の満月が物悲しく、儚げに見えてきます。   さて、今年は、干支の甲辰(きのえたつ)と九星の三碧木星(さんぺきもくせい)が重なる年だそ […]

シンとトニーのムーンサルトレター第226信(Shin&Tony)

鎌田東二ことTonyさんへ   Tonyさん、こんばんは。2023年最後の満月が上りました。「コールドムーン」です。寒い時期に見える月ということから、英語で「COLD MOON」と綴り、日本でも寒月との呼び名が付けられています。実際、10日前の17日には小倉でも初雪が降り、それ以来かなり寒いです。この12月はめまぐるしい忙しさでした。主に映画とグリーフケアをめぐる動きが活発だったのですが、コロナにもインフルエンザにも風邪にも罹患せず、なんとか走り抜きました。 映画「グリーフケアの時代に […]

シンとトニーのムーンサルトレター第225信(Shin&Tony)

鎌田東二ことTonyさんへ   Tonyさん、こんばんは。11月の満月は「ビーバームーン」、別名「フロスティムーン」あるいは「ロングナイツムーン」とも呼ばれます。まずは、11月17日に小倉の松柏園ホテルで開催されたサンレー創立57周年記念式典の話から始めたいと思います。この日は朝から同ホテルの神殿で恒例の神事が行われました。わが社の守護神である皇産霊大神を奉祀する皇産霊神社の瀬津神職が神事を執り行って下さいました。わたしは玉串奉奠を行い、会社の発展と社員のみなさんとそのご家族の健康を祈 […]

シンとトニーのムーンサルトレター第224信(Shin&Tony)

鎌田東二ことTonyさんへ   Tonyさん、こんばんは。10月は29日に満月を迎えます。10月の満月は「ハンターズムーン」と呼ばれます。10月は狩猟に最適な月だったことから、アメリカの先住民によって名付けられたと言われています。満月も大いなる自然の神秘ですが、わたしは10月24日の早朝に超弩級の自然の神秘に遭遇しました。なんと、生まれて初めて龍を目撃したのです! 別府湾の日の出に龍が出現!   わたしは、23日からサンレー本社の社員旅行に参加していました。24日の朝、別府温 […]

シンとトニーのムーンサルトレター第223信(Shin&Tony)

鎌田東二ことTonyさんへ   Tonyさん、こんばんは。今夜は「中秋の名月」ですね! 今年の「中秋の名月」は満月です。2021年、2022年、2023年と3年連続で満月の日付と一致しましたがが、次に中秋の名月と満月の日付が一致するのは2030年9月12日と7年も先になります。 月への送魂   昨日28日の夜は、北九州市八幡西区のサンレーグランドホールで恒例の「隣人祭り 秋の観月会」と「月への送魂」を行いました。今年も、無事に開催できて良かったです。夜空に浮かぶ月を目指して、 […]

シンとトニーのムーンサルトレター第222信(Shin&Tony)

鎌田東二ことTonyさんへ   Tonyさん、早いもので8月ももう終わりですね。今年の8月は2回満月がありました。この満月の名前はハーベストムーン(Harvest Moon)。Harvestの意味は収穫で、北米ではこの時期に農作物の収穫を行うことから、この名が付けられたとか。ただ、秋分に近い満月をハーベストムーンと呼ぶため、10月になることもあるそうですよ。また、とうもろこしの収穫時期にちなんでコーンムーン(Corn Moon)と呼ばれたり、バーリームーン(Barley Moon。Ba […]

シンとトニーのムーンサルトレター第221信(Shin&Tony)

  それにしても毎日、暑いですね。 日本中どこに行っても災害級の猛暑です。 Tonyさん、その後、ご体調はいかがでしょうか? くれぐれも無理をされないようにお願いいたします。さて、2023年8月は特別な月で、2回満月があります。それぞれ、スタージョンムーンとブルームーンというのですが、両方ともスーパームーンになります。最初のスタージョンムーンネイティブアメリカンに由来します。五大湖周辺に住む多くの部族にとって、8月は伝統的にスタージョン(チョウザメ)を釣る時期でしたので、8月の満月を「 […]

シンとトニーのムーンサルトレター第220信(Shin&Tony)

鎌田東二ことTonyさんへ   毎日、雨が続きます。今宵の満月も見えませんね。今夜の満月はスーパームーンです。元NASAの天体物理学者フレッド・エスペナックの計算によると、今年最初のスーパー満月となります。満月は地球から361,934kmの距離になります。ちなみに、月と地球の平均距離は384,400㎞です。衛星が地球に近づくほど、空には大きく明るく見えるのです。 『悲嘆とケアの神話学』   さて、ご献本いただいた御高著『悲嘆とケアの神話論:須佐之男と大国主』(春秋社)を拝読し […]

シンとトニーのムーンサルトレター第219信(Shin&Tony)

鎌田東二ことTonyさんへ   Tonyさん、こんばんは。6月の満月は「ストロベリームーン」と呼ばれる最小の満月です。アメリカでは6月の満月を「Strawberry Moon(苺月)」と呼びます。6月はイチゴの収穫時期であり、その頃に月が紅くなることが多いことから、ストロベリームーンと呼ぶようになったそうです。苺の収穫時期ではないヨーロッパでは、「ローズムーン」と呼ぶ所もあります。月が赤みを帯びて見えるのは、大気の影響によるものです。地平線近くの夕日が赤く見えるのと同じ理由ですね。 つ […]

1 24